トップ > エレクトーレの歴史 > エレクトーレの歴史

エレクトーレの歴史

エレクトーレが産声をあげたのは、2004年。

創立10年にも満たない会社ですが、

現在のTTI・エルビュー株式会社の前身の会社の時代から、

30年以上、研究開発を続けてきたのが「還元(⇔酸化)」や

「経皮投与」に関するテーマ。

この間、さまざまな研究機関の協力の下、共同で研究を続けてきました。

そして出会ったのが、岐阜県奥美濃だけで採掘される天然鉱石だそう。

 

この鉱石は、ミネラルが豊富なばかりか、

還元電位を持ちやすいということを発見。

そこで、この鉱石を細かい泥状に粉砕して、

還元電位を持たせて維持させる研究が始まり、

完成したのが独自成分「ミネラルオーレ」です。

 

そして2004年、「ミネラルオーレ」を配合したふたつの製品、

「フェイスソープ」と「フェイストリートメント」が誕生しました。

また2008年には、更なる改良を重ねた独自成分「ミネラルオーレ」を配合し、

リニューアルされた、「フィジカルサイエンス フェイスソープ」と

「フィジカルサイエンス フェイストリートメント」の発売を開始しました。

2009年には、ミネラルオーレ配合のヘアケア製品の発売も開始されました。



エレクトーレの歴史

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   
IT用語