トップ > エレクトーレの歴史 > エレクトーレ 技術開発

エレクトーレ 技術開発

30年以上の研究によって

皮膚への新しいアプローチ法、「電位」に

着目して誕生したエレクトーレ。

独自成分「ミネラルオーレ」にマイナス電位を持たせる技術はもちろん、

全部で4つの革新的な技術が、エレクトーレのスキンケアを支えます。

こんな技術があるからこそ、「効果が実感できる」「手応えを感じる」と

評されるブランドとして成長を遂げています。

 

4つの革新的技術

①エレクトーレの独自の技術「ミネラルオーレ」に還元電位を持たせる技術

  エレクトーレの多くの製品に使用されている独自成分

  「ミネラルオーレ」に、マイナス700mVという高いマイナス電位を持たせ、

  さらにそれを維持させる技術です。

②Ionic Passive(アイオニックパッシブ)技術

  Ionic passive技術とは、皮膚表面と皮膚内部との電位差に着目して、

  従来の浸透技術では難しいといわれている水溶性成分の、

  皮膚内部への浸透を促進する技術です。

  ※この技術は今後発売の製品に使用される予定だそうです。

③Iontophoresis(イオンフォレスシス)技術

  Iontophoresis技術とは、皮膚に電流を流すことによって、

  皮膚内へ、目的とする成分の浸透を促進する技術です。

  ※この技術は今後発売の製品に使用される予定だそうです。

④Nano化(ナノ化)技術

  Nano technology とは、物質をナノレベルまで微粒化することで、

  物質に新たな付加価値を生み出す技術です。

  化粧品では、透明度や安定性を高めたり、

  皮膚への浸透性を高めたりします。

  ※この技術は今後発売の製品に使用される予定です。

 

これら4つの独自技術がエレクトーレを支えていくでしょう

エレクトーレの歴史

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   
IT用語