トップ > 北の大地のオリゴ糖 > 合成でなく天然

合成でなく天然

通常オリゴ糖と言うと、砂糖やシロップの様に

甘い物を思われる方多いですが、

甘味料として市販されているオリゴ糖の中には

オリゴ糖が30%程しか含まれていない物が多いそうです。

その点、「北の大地の天然オリゴ糖」は合成されていなく、

ほぼ100%と言って良い位天然のオリゴ糖が使われています。

オリゴ糖にはたくさんの種類のオリゴ糖があります。

「北の大地の天然オリゴ糖」で使用されているオリゴ糖は、

その中でも「ラフィノース」と呼ばれる種類のオリゴ糖です。

 

この「ラフィノース」とは世界でも無い高純度結晶のオリゴ糖として有名で、

作る為にはビート(甜菜)から抽出・精製されるのですが、

そのビート(甜菜)は北海道の大自然にある大地によって、

農家の人によって丹精込めて作られた物になります。

ビートの収穫時期は秋ですが、秋になると気温が低くなります。

そうなるとビートが自ら凍結しない様に細胞内でオリゴ糖を生みだすのです。

これが天然のオリゴ糖の元になります。

そのビートを分離精製と言う方法で、抽出したのがラフィノースで、

それを使用して作られたのが「北の大地の天然オリゴ糖」です。

 

ラフィノースと言う種類のオリゴ糖は、「おなかの調子が悪い方」

「自分の排泄の臭いが気になる方」「お酒を好きでたくさん飲む方」

「ダイエットをしようとしている方」にお勧めのオリゴ糖です。

ラフィノースのオリゴ糖は、体内に摂取すると善玉菌を増やしてくれたり、

腸の状態を整えてくれたりする働きをしてくれます。

北の大地のオリゴ糖

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   
IT用語