トップ > 北の大地のオリゴ糖 > オリゴ糖とビフィブス菌

オリゴ糖とビフィブス菌

便秘解消の一つとして、ビフィズス菌を増やすという方法があります。

ビフィズス菌を増やすには、

エサとなるオリゴ糖を摂るのがいいと言われています。

オリゴ糖と聞くと、甘いというイメージがありますが、

甘みを感じない食べ物にも含まれています。

 

 

例えば、納豆やねぎです。

その他にも、ゴボウ、バナナ、大豆、アスパラガスにも

オリゴ糖が多く含まれています。

オリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂ると効果的ですが、

人によってはオリゴ糖を摂り過ぎるとお腹が下ってくることもあるみたいです。

ですから様子を見ながら、少量づつから試してみるといいと思います。

オリゴ糖や食物繊維が含まれたおやつとしておすすめなのが、

アロエヨーグルト、寒天みつ豆や甘栗、ポップコーンなどです。

 

 

飲み物ではココアがおすすめで、

カップ1杯に食物繊維がおよそ2グラムも含まれています。

毎日のおやつも、少し内容を考えることで

便秘解消に有効な食べ物になるのです。

北の大地のオリゴ糖

前の記事 | 次の記事

関連記事
【関連コンテンツ抜粋】
・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・    ・・・   
IT用語