口臭情報局:トップ > 口臭 漢方
漢方では口臭をどのように捕らえているのでしょう。そして口臭によい漢方とは?
口臭にナタマメのパワーナタデウォッシュ

口臭 漢方

口臭を訴える人は意外に多いものです。

実際は無いのに自分には口臭があると思い込んでいる心身医学的な場合は別として、

自分で気づかず身近な人から指摘を受けることもあります。

現代医学では、口腔内に原因がある場合(歯槽膿漏など)と、

糖尿病、尿毒症、鼻腔疾患、消化器疾患などによるものがあります。

いずれにもその原因を、除去し、殺菌作用の洗口薬などを用いています。

漢方では、口臭発生の原因を、脾胃(消化器系)の熱、特に胃熱と考えます。

口中がべたつく、舌のコケが黄色みを帯びてくる、

舌や口唇の色が赤い、歯茎が赤く腫れて出血しやすいなどの症状の時は、

胃熱(炎症)とみなします。

漢方治療は、消炎、解熱作用のある、例えば黄連解毒湯や白虎加人腎湯などを用いて

胃熱を冷まします。また、甘酸っぱい口臭の時は、

平胃散や晶三仙などの消化を助ける薬を用います。

歯周病や歯槽膿漏によるものは歯科治療の対象でありますが、

漢方理論では「腎は骨を主り、歯は骨の余り」とされ、歯の弱い人、歯のトラブルの多い人は

「腎」を強める知柏地黄丸などを日常的に用います。

芳香性のある蕾香(シソ科、パチョリの全草)の煎じ液で口をすすぐと

口臭が抑えられます。また、よく使われている「ドクダミ」にも抗菌、清熱作用があり、

お茶として服用しても効果があります。




口臭や口の汚れにナタマメの20秒ウオッシュ

ナタデウォッシュ
ナタデウォッシュ
IT用語